木咲里々のブログ

★既刊情報→通販&電子ダウンロード

★作品公開はこちら→Pixivさん   upppiさん
★Twitter→ ririkizaki
<< J庭41ありがとうございました! | main | 『真中くんのあまい毎日』続編をUPし(だし)ました。 >>
2016年まとめと2017年

またもや久しぶりの更新になってしまいました。すみません。

2016年……あっという間すぎました。

とにかく更新ができず申し訳ありませんでした。

 

それにもかかわらず、作品を読んでくださったり、評価やフォロー、ご感想をくださった皆様、本当にありがとうございました。

こんな私ですが、来年もお付き合いいただけると嬉しいです。

 

以前の記事に少し書かせていただいたのですが、今年からフリーランスとして働き始め、容量だったり内容だったり勤務形態だったりが色々きつくて体調やメンタルを崩しまくって色々なことがままならなかった1年でした。

とても勉強にはなったのですが、このままではヤベェと思ったので、2017年からは完全在宅でお仕事をしていくことになりました。

おかげさまですでにお仕事をいくつか頂いており、なんとかやっていけそうですε-(´∀`*)ホッ

 

量もちょっと減ったし、何より1日4時間弱あった通勤時間が自由に使えるようになるので、来年からは以前のような更新頻度に戻せると思います。

本当によかった……。

ただ自宅で仕事するとついつい自堕落になってしまいそうなので、そこは気をつけたいと思います。

あと腕の調子がここのところよくないので、そこが少し不安……。

 

 

そして本当に少ないですが2016年に趣味の方で書いたものをまとめたいと思います。

 

・星は瞬く(さよならキラボシ番外編)

・真中くんのあまい毎日

・ピンスト(イベント用おまけ短編の社会人もの)

 

【ワンライ(1時間ライティング)の短編】

・お題『赤』(リーマン年下攻)

・お題『結ぶ』(美大生×神主)

・お題『天使』(大学生)

・『食べる』

・『傷』(2つとも兄弟ものの弟攻。まとめて『ふたりごはん。』で投稿)

・お題『本』(高校生×作家)

・お題『ワイシャツ』(リーマン)

・お題『ハート』(高校生)

 

・俺が死んだ日

・Sweet Halloween(真中くん番外)

 

……少ない。というかワンライも気づけば途中で消滅していました。

容量があるのは『真中くん 戮らいですね。すみません。

今思えば正直真中くんも、あんなバタバタした状態じゃなくてゆっくりじっくり書きたかったです。

その分続編はR18にもなることですし、丁寧に書きたいなと思います。

 

真中,魎行したときのイベントで作ったのが『ピンスト』でした。

ちょっと距離のある幼馴染が20年ぶりに再会する話です。

同じ経験、記憶を共有しているシチュというか、2人同時に秘密の性癖に目覚めてしまうのでした。

幼馴染も再会ものもリーマンも大好きなので、本人的にはもう少し続きを書きたい設定です。

 

ワンライはどれも結構書くのが楽しかったです。

個人的にはお題『天使』の話と『ふたりごはん。』にした2人が比較的気に入っています。

 

来年はもっとたくさん書けますように。

 

2017年最初の更新も2016年同様にキラボシ関連になってしまうかもですが、

真中も再開予定ですので、読んでいただけると嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

更新がない間も拍手を押してくださった方、

本当にありがとうございました!

お陰様でだいぶ落ち着きましたので、

更新がんばりたいと思います(*´ω`*)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

17:32 / 月記。 / - / -
メールフォーム。

Twitter
 
ツーコン
取り扱っていただいてます。
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2011年 05月号 [雑誌]
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2011年 05月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

投稿作品を参考掲載して頂いております。
『白い朝とバラ色の夜』
挿絵/相音きう先生
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2010年 11月号 [雑誌]
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2010年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

投稿作品を参考掲載して頂いております。
『ニコイチ。』
挿絵/宝井さき先生
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2010年 06月号 [雑誌]
小説 b-Boy (ビーボーイ) 2010年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

投稿作品を参考掲載して頂いております。
『夜一夜』
挿絵/車折まゆ先生